BRILLIAGE

  • 商品一覧
  • コンセプト
  • メンバー
  • サロン情報
  • 特設コンテンツ
  • ログイン

SPECIAL

憧れの職業!ヘアメイクアップアーティストとして大事なこととは?

今回の相談内容
『私はヘアメイクアップアーティストというお仕事にとても興味があります!ヘアメイクアップアーティストとして一番必要なものはなんですか?嶋田先生にとって“これをやってきたから、今までやってこれた!”というものはありますか?いろいろお聞きしたいです。』
いい意味で頭が良くないと僕は出来ないと思います。計算が出来る、出来ない頭の良さじゃなくて、色んな事を見極められるということでの頭の良さだと思いますよ。それは、ヘアメイクさんって相手がタレントさん、女優さん、モデルさん、色々変わるわけですよね。中には、本当に大物女優さんとかも来るわけですよ。大女優さんたちを表面的にキレイにするということは当然しなきゃいけないですよね。でも本番前にメイクをするわけだから、いざ本番に臨むためのモチベーションを上げていくという内面と外面と両方でのケアとかをしていかなければいけないんです。
だから例えば、初めて会った大女優さんで、メイクしてくださいってメイク始めるとしますよね。途中で、その女優さんが不安な目をしているなとかっていうのを、パッと見抜けないとダメですね。
不安な表情とかわかるものなんですか?
もちろん、わかります。でもそこで自分が弱気になってしまってどんどん顔色伺いながらメイクすると大失敗するんです。そこで、不安を見つつも、まず全体をちゃんと見てください、みたいなそういう意気込みというか、こっちの強さというか、で、完成させて「どうですか!」っていう感じにする。今度、その人がそこでも不安だったらちょとずつ何かを足したり引いたりしていくよ、もちろんね。でも、そういうなんか状況に合わせて自分をいろんな風に自由自在に変えられるっていう柔軟性とかも大事ですね。
「精神力」がすごく高い人じゃないと厳しいですよね。
僕はよく学校(嶋田ちあきメイクアップアカデミー)の生徒にも『精神力が強くないとやっていけないよ!』って言うんですね。それはやっぱり、結構緊張の連続だったりするわけですよ。時間との勝負だったり、あとは大物との勝負だったり、まわりからのプレッシャー、いろいろなカメラマン、スタイリスト、いろんな大物ともやっていくしね、そういう中でも自分を出していかなきゃいけない。
厳しい世界ですよね。
結局はそういうものがなかったら、どのヘアメイクさん使っても一緒ですからね?だからその駆け引きっていうのかな。そういうところも大事ですね。だから僕は、自分をセルフプロデュースできる人になりたいなといつも思っていたんです。あともう一つは、絶対に妥協しないこと。これ僕のポリシーなんですよね。
これがまた難しいんですよね。
そうですね。妥協するとけっきょくそれはまた言い訳しなきゃいけない。
『なぜここで、赤い口紅を使ったの?』って聞かれた時、『はい、こういう理由で使いました』と、説明ができればいいわけですよ。そうすると、相手は『でも、今回はこういうシチュエーションで、こうこうこうだから赤じゃないと思うんだ!』って言ったときに『なるほど、じゃあわかりました!』ってなるじゃない?でも始めから、『なんとなくわからないけどこの色にしておきました』って言うんじゃ、これ信頼性なくなりますよね。
ヘアメイクアップアーティストの方ってほんとにたくさんいらっしゃると思いますが、ここまで嶋田さんのようにみんなが知っているっていう方ってほんとに一握りだと思うんですよね。やっぱり誰もができないようなことっていうのが、きっとなんか備わってると思うんですよね。
自分ではよくわからないけれど…恐らく、いろんなことを見極める目かな?変な話なんですけど、
実を言うとほんとに「視力」の点でもそうなんですけど。
ちょっと待ってください!視力の点での見極めってどういう意味ですか?
僕、ずーっと2.0なんですよ。異常に目がいいんですよ。あるときね、笑い話だけどコンタクトを、ちょっとだけ恥ずかしいけど老眼が始まった時ね、コンタクト作らないといけないと思って、眼科に行ったんですよ。すごくいい先生に巡り合って、その先生が調べてくれたら、『職業何ですか?』って不可思議な顔をしてるんですよ。それで『僕ヘアメイクですけど』って言うと、『う~ん…』って、まだ、暗い顔してるんです。何かあったのとか思ったら、これは何万人に1人の目だねって言われたんです。
視力2.0がですか?
イチロー選手もそうなんだけど、彼が知ってる中では、イチロー選手が、動体視力がナンバーワン、それにあなたは近いよって言われちゃったんです。
嶋田さん、そんなに動体視力がいいんですか?
だから多分、アイシャドウとか、グラデーションの違いとか、人の見えないところまで見えてしまったりとか、眉の角度がちょっと違って見えてしまったりとか…そういう違いがよくわかると思うんですよね。
動いているものだけではなくて、パッと瞬時に違いがわかってしまうんですね?
それは僕は、自分でもちょっと勘付いてましたけどね。
でも諦めずに、動体視力がないっていう方でも目指すべきところというのはなんでしょうか?
それはやっぱりね、努力ですよ、努力がなければ今の僕だっていないですよ。
どんなに才能があっても努力しないとだめです、あとはチャンスを逃がさないことですね。チャンスをチャンスと思わないで素通りしちゃう人もいるんですよ、でもチャンスは絶対ものにする。
機会を逃さないこと。やっぱり、あとは人を大事にすることですよね。

メイクアップガイド

嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
嶋田流ベースメイク
美しさへの「4ステップ」
ブリリアージュ各商品の使い方をステップで丁寧に説明しています。
HOW TO MAKEUP
HOW TO MAKEUP
(動画ヴァージョン)
嶋田メイクのテクニックをWeb限定のスペシャルムービーにてご紹介。
嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
自分に合った
ファンデーションの選び方
特徴や仕上がり感について、タイプ別に比較しながらご紹介。