BRILLIAGE

  • 商品一覧
  • コンセプト
  • メンバー
  • サロン情報
  • 特設コンテンツ
  • ログイン

SPECIAL

どうしても消えない目の下のクマ…効率的、かつ自然にカバーするには?

今回の相談内容
『私は目の下のクマに悩まされております。コンシーラーは値段の安いものから、高いものまでかなり、色々試しているんですが、全然消えません。嶋田先生、何か良い方法はありませんでしょうか。』
一般的に売られているコンシーラーって、いわゆるファンデーション色で薄いとか、明るいとかっていうことが多いと思うんですね、でも、クマに対して退治するには、色で消すしかないんですよ。別の色で。
これ前、学びましたよね、私。
本当に色の効果ってすごくて、色の上に色を重ねると消えるって色があるんです。
そうそう、なんかよく受験勉強なんかでね、昔使ってた、赤いペンで書いて緑で消えるみたいな、そういうことですよ、色っていうのは。
そういうことです。なので、濃いクマほどね、実は赤味のある色を入れてかないと消えないんですね。前にね、ブリリアージュのパレットコンシーラーで、ちょっとこうオレンジ気味のものを紹介したとこともあるんですけど。
あれ、最初に使ったときビックリしました。この色はなんていうんだろう…
淡いオレンジピンクみたいな色ですね。
サーモンみたいな色ですよね。でもあれを塗って、私びっくりしたんです。赤い目頭のところにある、赤いクマが消えたんです。
だいたいね、淡い色のベージュをのせると、どんなにカバー力があっても、グレーっぽくなってしまうんですよ。だから消えないんですね。むしろ、ちょっと赤味のあるベージュなどダークな色を使った方がたぶんいいと思いますね。僕がお勧めするのは、黄土色っぽいオレンジですね。
クマにはオレンジ系なんですね。
はい、それを使うとだいたい消えますね。こんなオレンジ色でいいの?って思われるんですけどね。
でも、だいたい普通の方なら、ブリリアージュのパレットコンシーラーで消えますよね。
あの、オレンジ系で普通は消えますね。程度がわからないので、なんとも言えないんですけど、とにかく赤味のある色を加えていくってのがひとつポイント。もう一つはね、やっぱりクマを消すためには、メイクだけでは限界があるんですね、で、目のまわりの色素沈着ってかわっていくんですよ。なんか一度黒くなったらもう一生黒いままと思いきや、そうじゃないです。うちの奥さん、出会った時16歳でモデルやってたんだけど、ほんとに素顔なのにブラウンのアイシャドウ上下につけてますか?っていうくらいクマがひどい人だったの。
そうなんですか。
で、彼女すごい冷え性で、血行が悪い人だったんですね。それから、運動をし始めて、最近はずっと加圧トレーニングやってるんですけど、もう7年ぐらい加圧トレーニング週1回やってます。
ご夫婦で?
はい、今、クマないですよ。
消えたんですか?
そう、16歳の時にクマがあって、今、年令言ったら怒られるかな・・、47になりましたが、今クマなんて無いですよ。だから彼女はコンシーラーがほとんどいらない。
そんなことってあるんですか?
運動によって改善できるんところもあるんですよね。みなさんね、スポーツ選手のだいたいみんな、素顔でアスリートってやってるじゃない。スポーツ選手でクマある人っていないでしょ。
ほんと、いないですね。
水泳選手とか、体操選手とかみんな、クマないんですよ、あと舞台女優さん、舞台女優さんも顔の動き多いでしょ、だからクマないんです。
ということは、運動ですか?
絶対運動がいいです。でも、仁井さん運動嫌いなんだよね。そんな方はお風呂がいいですよ。
よかった、運動苦手って方多いですよー。
お風呂は、これは長湯をする。のぼせないように、これは腰湯がいいんですけど、腰湯だとのぼせないからね、で、だいたい36.7度のぬるめのところに入ります。最初は寒いです。ところが、だいたい5分から10分ぐらいの中で、もう体あったまってきます。そして、10分過ぎてから、どんどんどんどん暑くなって、汗がでてきます。そんなぬるいのに。体って変わっていくんですよ。でも続けなきゃだめだよ。僕もはじめ、ぜんぜん汗でなかったけど、続けてったら最近は汗でるんですよ、ちゃんとね。
じゃあ、今って体質が変わったんですか?
変わりました、うち2人とも。
それ何年ぐらいかけて?
まあ、7年ぐらいくらいですかね。加圧始めた時からこれは決心して、僕たちは年に逆らうぞ!みたいな、生き方をしようって決めたんだけどね。
でもやっぱり継続ってすごいですね。
そうなんですよ、皮膚科の先生がね、やっぱり体をかえていくのは血行だよと、クマを退治するには血行だよと、やっぱり健康のことと、美とつながってるんですよね。
まあでもそうですよね、健康的な方って輝いてますしね。
そうなんです。だから男性も女性も、運動ぜひやってください。あきらめないでほしいですね。
7年かけてがんばりましょう。オリンピック2回分くらいね、がんばりましょうね。

メイクアップガイド

嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
嶋田流ベースメイク
美しさへの「4ステップ」
ブリリアージュ各商品の使い方をステップで丁寧に説明しています。
HOW TO MAKEUP
HOW TO MAKEUP
(動画ヴァージョン)
嶋田メイクのテクニックをWeb限定のスペシャルムービーにてご紹介。
嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
自分に合った
ファンデーションの選び方
特徴や仕上がり感について、タイプ別に比較しながらご紹介。