BRILLIAGE

  • 商品一覧
  • コンセプト
  • メンバー
  • サロン情報
  • 特設コンテンツ
  • ログイン

SPECIAL

『基本のアイシャドウのテクニックが知りたい!』

今回の相談内容
『私は雑誌でアイメイクを勉強していますが、いつまでたってもアイシャドウが上手くなりません…。上瞼と下瞼に使うアイシャドウの色選びなども知りたいです!』
今回アイメイクを極めるためのテクニック、教えていただきたいです!前に嶋田さんが雑誌で、”目の下のシャドウも当たり前”みたいなことおっしゃっていたんですよ!
僕ほとんど下にシャドウ入れますよ、仕事で。
嶋田さんにメイクしていただいた時に、下にシャドウ入れていただいたんですよ!ほんのりのゴールド!これがよかったんですけど、自分じゃできないんですよね…
そんなに難しいテクニックじゃないけどね。
下瞼にのせるのは、なんかちょっと年代的に違和感があるというのか、入れ慣れていないというのか、入れていいのだろうか、ここに…みたいなね。詳しく今日は教えていただきたいんです!まずは失敗しないやり方!
道具も大事なんですよ。よくアイシャドウの中にスポンジの筆みたいなのついてるじゃないですか?あれの細いのでやるのもありだけど、一番失敗しないのが、とんがった綿棒ってあるでしょ?あれで、アイシャドウ先につけて、それを目尻から、目頭方向に少しずつぼかしていく。その時にあまり幅を出さないのがポイントです。まつ毛の際に沿っていれることが大事です。次に外側から目尻から入れてって、だいたい基本は黒目の真下。そのへんでだいたい消えるように入れていくと、だいたい誰でも失敗はないですね。
消えるように入れていくとは…
ぶつっと終わらないってことですね。きれいなグラデを作って、最後は消していくってこと。
筆でやるより綿棒ですか?
筆でやってもいいんですけど、どうしても筆だと、粉とびしちゃうんですよ。特に濃いシャドウだとこすっても取れなくなっちゃうんですね。それよりも、綿棒のが、粉とびしないですね。素人さんは。
細くなった綿棒の先を使うってことですか?
横にしないで、綿棒を縦に使うってことです。必ず“目尻”から入れていく。目尻が一番濃くなっていいところなので、目尻からスタートして、黒目の真ん中あたりぐらいで消えていく。
そしたら今度は、色ですね。色は何色を入れたらいいでしょうか?
上瞼のシャドウと、下瞼のシャドウを違えても、別に問題はないですけど…例えばブラウンとかを上瞼に使って、下瞼もブラウンにすると、落ち着いた印象にも見えるけど、ともすると地味に見えてしまうかもしれません。「なんだか今日顔色悪く見えるな、ブラウンのアイシャドウにした時に」と思ったら、下だけ淡いグリーンとか、淡いブルーとか入れてみると、急に色の効果で元気に見えるんですよ、顔って。慣れてない人は、最初はちょっと淡い色、パステルトーンの色を入れてみるといいですね。
秋にかけてだと、どんな色がいいんですか。
ブラウン系とかたくさん出てるんですけど、下瞼もブラウンにしないで、下には、イエロー系を入れてみるっていうのもアリですね。イエロー系って日本人に似合うんですね。
かわいいかも!あとはどんな色が合うでしょうか?
カーキーを下に入れるのもいいですよ。ただ、影色の場合、パステルは影色ではないんですね、ハイライトカラーだから。影になる色っていうと、だんだんだんだん色が暗くなっていくものですよね。そういうものっていうのは、幅を出すと幅を出す分、目がさがって見える。大きくも見えるんですよ。まつ毛の影と思ってください。下まつ毛の影になる。下マスカラをいっぱいつけると、目が縦に広がるじゃないあの感じです
私、ほとんど下まつ毛ありませんけど…
下まつ毛が特にあんまりないなんて人は、下のシャドウ絶対必要。その部分、影になるから、目の高さがでる、ただ要注意は、すごく目が下がってるのが気になる人は、あまり下を幅いれちゃうと、たれ目が協調されちゃう。影色の場合ね。だから、細く入れないとだめですね。目尻からだいたい5ミリぐらいのところ、目が丸く下がっていくところですね。そのあたりにいっぱい入れちゃうとたれ目になってしまいます。
でもタレ目にしたいっていう人にはいいですよね。そして、目頭、目頭もシャドウって入れるべきですか?
僕は、ハイライトカラー入れますね。その効果って言うのは、目の横幅が広がるんですね。目が内側にちょっと寄って見えるんです。特にシャープに入れると、目頭が広がります。
例えば、大人の女性が入れるには、どういう風に入れたらいいんでしょうか?
ベージュパールか、ピンクパールか、ですね。ちょっとスタイリッシュにしたいなと思ったらゴールド、イエローゴールドなどがいいです。これから秋冬になって、全体的に、ブラウンのメイクをした時に、目頭だけちょっと明るめのゴールドをいれるとかってのも、おしゃれですね。
その時の気をつけなきゃいけない幅ってありますか。
あまりにも、ガッツリ入れないほうがいいですね。だいたいね、目頭から出ていいのは2ミリぐらいですね。そこは、目頭にパールが入ってるものを入れたほうがいいですね。パールの方が、光がより一層効果的に光が強くなるから、パールが強ければ光が強くなる。ハイライト効果が強くなる。ということは、より一層2重の幅があるようにみえる。
光の効果などをちゃんとわかっていれば、自分のコンプレックスだった部分もだいぶ変わってきますね。
全然変わりますよ!メイクって繊細な、ちょっとのテクニックで変わるので、是非試してください。

メイクアップガイド

嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
嶋田流ベースメイク
美しさへの「4ステップ」
ブリリアージュ各商品の使い方をステップで丁寧に説明しています。
嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
自分に合った
ファンデーションの選び方
特徴や仕上がり感について、タイプ別に比較しながらご紹介。