BRILLIAGE

  • 商品一覧
  • コンセプト
  • メンバー
  • サロン情報
  • 特設コンテンツ
  • ログイン

SPECIAL

『嶋田さんオススメの冬の洗顔方法が知りたい!』

今回の相談内容
『私の悩みは冬の洗顔です。これから寒くなっていく時期に冷たいお水で顔を洗うのが苦痛です…でも温かいお湯は肌によくないと聞きます。秋冬の洗顔時の適温、オススメの洗顔方法を是非教えてください! 』
肌のためには熱いお湯は絶対だめです。冬の時期お風呂で温まる温度って冬だと40度とか41度位だと思います。そういう高い温度で顔を洗うのはNGです。
シャワーなんかで、ジャーっと顔にそのままあてたりするんですけど…それもよくない?ってことでしょうか?
ぬるい温度だったらいいですよ。大丈夫です。
でも普通のシャワー浴びるような温度は、あまりよろしくない、ということですね。
乾燥の原因なんですよ。
ちなみにどれくらいが適温ですか?
30度ぐらいですかね。お風呂のお湯湧かす時って設定が37度とか38度だと思うんですけど。仁井さんのお家はいかがですか?
42度ですね。最低は37度です。
それだとあんまりぬるくないんですよ、実は。
体にあてるとかなりぬるいですけどね…
冬にその温度で湯船に入ったらぬるいけど、顔にとっては全然ぬるくないんですね。だから30度かな。少し水で薄めましょう。で、必ず石鹸はそこまでで落とす。そのあとに冷たい水で顔洗う。これは必須です、1年中!
夏は出来そうですけど…冬はきつそうですね。寒い!
夏は毛穴を引き締めるという印象があるから、冷たいので、パシャパシャやりますよね。確かに冬にお風呂場で裸になってパシャパシャやると寒いんですけど…。
これはかなりの修業が必要…でも肌には冷たいお水でパシャパシャが必要なんですね?
絶対に!肌の表面のすぐ下に毛細血管があります。よく頬が赤い人って、毛細血管がすごく出てる人なんだけど、その毛細血管を収縮させるには、あったまった肌を急激に冷やすしかない。そうすると、中で運動するわけですよ。毛細血管が広がったり縮まったり、だから温かいのと冷たいのと交互がいいんだけど、最後に冷たい水でやるっていうのは、毛細血管の運動を活発にさせるということは、肌の代謝をよくするってこと。もちろん血行もよくなりますよ。
サウナに入って水風呂にいるみたいな状態ですね。
そうそう、あれって結局代謝を上げてるわけだよね。顔も意外と代謝ができない、運動ができないから、そうやって温度の変化でやっていくっていうのもひとつの代謝を上げる方法なんですね。さすがに真冬に氷水っていうのはキツいと思いますけど…なるべく水道水くらいの温度でできるといいですね。
その温度差を肌に与えてあげるのが肝心ってことですよね。
そういうことです!
あと伺いたいのは、洗顔の時に、よく有名なモデルさんとかが、「100回ぐらいお水でゆすぎます」っておっしゃったりしてるんですけど、あれは?
これはよくある話ですよ。とってもいいですね。僕が担当していたモデルさんや歌手の方もこれ実践していましたよ。
回数を多くするのは…石けん分を肌に残したくないから、ですよね?
うーん…でもどれだけ回数を重ねても石鹸分って多少残るんです。だから僕は化学的な石鹸を使わないで欲しいって思います。香料が入っていたりとか、美容成分がいっぱい入っているような石鹸ありますけど、肌にはあまりよろしくないと思いますよ。よく洗剤のCMでも石鹸かすが残ってTシャツが黄ばむとか、よく言ってるじゃない?そういうことなんです!
お肌が黄ばんでいくのを想像したら、恐ろしいですよね。
もうひとつ秘策を教えましょう!それはですね、週1回ぐらいでいいと思うんだけど、柔らかいタオルを使って蒸しタオルです。軽く絞って、ラップに入れて電子レンジに入れて、だいたい7.80度ぐらいまでの蒸しタオルを作ります。顔にちょうど触れるぐらいの熱さになった時に、顔を半顔ずつ拭いていくんですね。
拭き方にコツはありますか?
外に外に拭いていく、強く擦ってはダメですよ。それをもう1度電子レンジやる。だいたい3回ぐらいやると、ほんとに顔がつるんとしますよ。洗顔では取れなかった余分に浮いてきた角質を綺麗にとれるので、顔が明るくなりますよ!つまり色白になる!これは必ずお風呂はいった後にやったほうがいいです。肌が柔らかくなってるからね、お風呂の後は。
できるだけ柔らかいタオルでやるとよさそうですね。皆様是非お試しください!

メイクアップガイド

嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
嶋田流ベースメイク
美しさへの「4ステップ」
ブリリアージュ各商品の使い方をステップで丁寧に説明しています。
嶋田流ベースメイク 美しさへの「4ステップ」
自分に合った
ファンデーションの選び方
特徴や仕上がり感について、タイプ別に比較しながらご紹介。