BRILLIAGE

  • 商品一覧
  • コンセプト
  • メンバー
  • サロン情報
  • 特設コンテンツ
  • ログイン

SPECIAL

顔の中で一番面積が大きい部分はどこでしょうか。
それはもちろん肌ですね。嶋田メイクで特に大切にしていることは
透明感あふれる、素肌のようなベースメイクです。
メイクアップのプロの世界においても美しさのベースとなる肌づくりを
とても大切におこなっていきます。

ベースメイクはファンデーションだけでつくられるのではなく、
下地やコンシーラーやフェイスパウダーなどを総合することによって
美しくキメの整った肌をつくることができるんです。

ぜひそのひとつひとつの大切なプロセスをマスターして
美しく、オーラのあるベースメイクを手に入れてください。

誰もが求める肌の“透明感”。それは下地の作り方でほぼ決まってくると言えます。とにかく下地の段階でくすみをとって、肌全体の明るさを均一にしておくことが大切です。嶋田メイクが目指すのは、お風呂上がりのあの透明感。そしてあの透明感のある肌を、化粧直しをせずに一日中キープしたい…そんな思いを実現させるファーストステップです。
どのタイプのファンデーションを選んで頂いても、塗り方にルールはなし。“薄付き”と“色選び”こそ最重要課題です。使用する量はほんの少し。ムラになりませんから、ラフに塗ってもらってOKです。また首よりやや暗く見えるくらいの色を選ぶことも大事です。透明感を守りながら、気になる部分を自然にカバーし若々しいハリ・ツヤをキープします。
「コンシーラーなしでは美肌は成立しない」と言っても過言ではありません。ファンデーションは薄付きでいい、というのはここのプロセスがあるから。適材適所にアイテムを使い分ければ、メイク崩れ防止にもなり、“カバーする”だけでなく、“攻め”のアイテムとしても期待できます。色ムラも影もない肌づくりをしておくことで、このあとのカラーメイクもキレイに映えます。
輝きを失った肌に纏うだけで、ツヤ肌が復活…それはまるでネイルのトップコート。微細なパウダーなので、極薄のヴェールをまとったかのようなつけ心地…それでいてファンデーションの上に重ね付けしてもヨレずにフィット。誇れるほど高いモイスチャー効果が粉っぽく見せることなくキメを繊細に、なめらかに整え、肌の柔らかさを引き出します。